紅茶の味噌煮込み

オックスフォード留学記

夏の始まり(と終わり?)

先週の後半から週末にかけてはものすごく良い天気が続いた。驚くべきことに日中の最高気温が25度近くを記録し、街は半袖の男女であふれ、芝生という芝生が日光を逃すまいとするオックスフォード住民によって占拠されていた。なかには日光を効率よく浴びるために身体の表面積をできるだけ大きくしようと日頃から準備していたと思われる用意周到な人たちもいて感心した。

オックスフォードにはUniversity ParksとPort Meadowという2つの巨大な公園があるのだが、後者の端っこにはPerchというパブがあって、緑を眺めながらビールを飲める人気の店となっている。しかしそこにたどり着くには公園の中を20分ほど歩かなくてはならず、前日あるいは当日に雨が降ると足元はぐちゃぐちゃにぬかるむので、そうそう簡単に行けるわけではない。しかし先週末は幸いにもよく晴れた日が何日も続いたので、友人たちと散歩を兼ねてこのパブに行ってきた。

普段は人もまばらな公園は、いったいオックスフォードのどこにこんなにいたのかと思うほどの人で溢れかえっており、若者がグループに分かれて、酒を飲んだり音楽をかけたりして思い思いに楽しんでいた。まあ平和といえば平和な光景なのだが、あたりにマリファナの匂いが立ち込めていて、彼らが去った後にはゴミが散らばっていたのには少々閉口した。といっても、日本でも、花見の後の公園はなかなか悲惨なものなので、特にこちらの人がマナーが悪いとは言えない。

f:id:Penguinist:20180426224401j:plain

この川はあまり水自体は綺麗ではないのだが泳いでいる人がいて、阪神優勝時の道頓堀川の様相を呈していた。

f:id:Penguinist:20180426224421j:plain

トンネルを抜けると・・・

f:id:Penguinist:20180426224422j:plain

そこは穴場的パブ、The Perchであった。

しかし、この記事を書いている今は、雨がしとしとと降り続き、10度台前半の中途半端な気温に逆戻りしている。ほんとうにつかの間の夏であった。次にあのような気候になるのは果たしていつだろうか。

この一瞬の夏を経験して思ったのは、いかに天候が人の気分に強い影響を与えるか、ということだった。信じられないほどの好天候が続いた数日の間は、朝起きると明るい日差しがカーテン越しに指していて、カーテンを開けると真っ青な空が目に飛び込み、一歩外に出れば夏の香りが街に満ち満ちており、何も特別なことをしなくても気分が浮き立った。とはいっても、気候が悪かった時期も別に気持ちが落ち込んでいたわけではないのだ。別に普通に過ごしていた。しかし、数日晴れただけでこんなに気分が良くなることを考えると、実は気づかないうちに気候は精神に対する負担になっていたのではないかと思えた。これは冬から春、夏への変化がゆっくりと進行している場合には大して意識しないのかもしれないが、今回のように急激な変化が起きると、はっきりと気分の違いが分かるのだ。

人生の選択をする時は、環境面をゆめゆめ軽視しないようにしたいと思わされる経験だった。